かおりんのクルマちゃんねる

素人による素人目線の車(MAZDA3)紹介ブログです!MAZDA3の購入を検討されている方や納車を待っている方の暇つぶしに貢献したいです!

【MAZDA3】360°ビューモニターの見え方を確認してみました【忍法!影分身!!】

 

f:id:a0008990:20190804144432p:plain


MAZDA3を購入して便利だなあと思った機能として「360°ビューモニター」を取り上げたいと思います。

 

そして、360°ビューモニターはメーカーオプションですので、MAZDA3の購入を検討する際は「360°セーフティパッケージをつけるかどうか迷う問題」が発生します。そんな問題に遭遇した方の参考になればと思います。

※360°セーフティパッケージをつけなければ、バックモニターだけ装備されるのではないかと思います(要確認です)。

 

1 360°ビューモニターとは

 車両の前後左右にある4つのカメラで、センターディスプレイの表示や各種警報音で低速走行時や駐車時に車両周辺の確認を支援するシステムです。

 

f:id:a0008990:20190803075642p:plain

360°カバー!

 

4つのカメラの位置です。

f:id:a0008990:20190804213132p:plain

ホワイトでもリフレクションすごくないですか?!


 

 

2 360°ビューモニターの価格

  価格は下記のとおりです。(マツダ純正レザークリーナー約28本相当)

  消費税抜きで¥78,982!

  消費税8%で¥85,300!!

  消費税10%で¥86,880!!!

 

3 360°ビューモニターの見え方とガイドの距離

モニターの映し方は何種類かあります。

ハンドルの右のほうにあるボタンで画面を切り替えます。

f:id:a0008990:20190804213550p:plain

これです

 

まず、360°ぐるっと見える感じのトップビュー(左)と前方または後方のカメラ(右)の画面で構成されたパターンがあります。

f:id:a0008990:20190804120908p:plain

これはトップビュー(左)とフロントビュー(右)の画面です

 

もう一つは、横に特化したパターンがあります。

f:id:a0008990:20190804121224p:plain

お次はサイドビューの画面です

 

画面には赤や黄色などガイド線が表示されます。

この線が車からどのあたりの位置にあるかを把握しておくことでより運転がしやすくなるのではないかと思い、説明書を見て実際に巻き尺で確認してみました(当たり前ですが説明書のとおりの結果でした)。

車に重い荷物を載せてたり、路面に傾斜や段差のあるところは見え方が変わるので要注意です。

f:id:a0008990:20190804130402p:plain

晴れた日限定!影分身の術っ!(影分身必要ですか…?)

 

後ろはこんな感じです。

f:id:a0008990:20190804135131p:plain

かおりん本体の横位置がモニター画面と一致してませんので注意!


 

最後は横です。

f:id:a0008990:20190804134845p:plain

駐車券とるの難しすぎ問題はこれで解決か…?!

 

 

 

ちなみにワイドビュー画面で隠れた危険を認識した時の画面はこんな感じです。 

f:id:a0008990:20190804140506p:plain

ワイド感は側溝で読み取ってください

 

これまでのモニター写真に表示されている前方や後方に伸びる黄色の線はハンドルの向きによって曲がって表示されます。

ですので、その線を駐車場の枠に収めるようにハンドルを動かすと駐車できるという感じです(なぜその写真を撮らなかったんだ…)。

これがめっちゃ便利で、あんまり頼ると車両感覚がなくなってしまうので、できるだけちら見するくらいにしてます!

駐車が苦手な私は360°ビューモニター重宝してます!

 

RICOH 360度カメラ RICOH THETA SC (ホワイト) 全天球カメラ 910740

RICOH 360度カメラ RICOH THETA SC (ホワイト) 全天球カメラ 910740